人の役に立つ仕事

人の役に立つ仕事

 

人の役に立つ仕事とは、一体どんな仕事なのでしょうか?

 

また、人の役に立つ仕事に就きたい!

 

ということにこだわるべきなのでしょうか?

 

 

人の役に立つ仕事といっても、ひと口にさまざまです。

 

医療系の仕事は、人の役に立つ仕事の代表といっても良いですね。

 

もちろん、医療系の仕事以外にも、
人の役に立つ仕事はいろいろあります。

 

 

 

では、人の役に立つ仕事のみにこだわって仕事を見つけることは、
就職や転職には役立つのでしょうか?

 

ある人は、「人の役に立つ仕事は軸ではない」とおっしゃいます。

 

たとば、鉄道系の仕事に就きたいと、
鉄道系の仕事のみの求人を見ていても、
他の仕事でも鉄道系に役立つ仕事は意外にもあったりすると言います。

 

こだわって1つの仕事しか見ないために、
仕事を探す範囲が狭まってしまいがち。

 

 

でも、範囲を広げて見てみると、
いろんな仕事があることが分かるようになります。

 

さらに、自分はどんな形で人の役に立ちたいと
考えているのかも明確にすると良いと言います。

 

 

 

就職難と言われている世の中で、人の役に立つ仕事はもちろんのこと、
仕事を探すことすら難しいでしょう。

 

ところ構わず仕事を受け、
受かったところで働く…という人も多いと思います。

 

人の役に立つ仕事をしたい!にこだわらず、
いろんな仕事に就くことも、大切かもしれませんね。

page top