ブラックな面接

ブラックな面接

 

ブラックな面接を見抜く方法を知ることで、ブラック企業での就職を避けることができます。

 

せっかくの新しい職場、気持ち良く仕事をするためにも、
ブラック企業の見抜き方を知っておきましょう。

 

 

 

ブラック企業を見抜く方法といってもさまざまです。

 

面接の時点で気づくことも多いですし、採用通知で気づくことも多々あります。

 

意外にも、働き始めてから「ブラック企業だった…」となるよりも、働く前から知ることができます。

 

 

 

面接の段階では、やはり対応を見ましょう。

 

企業によっていろんな対応がありますが、あからさまに対応が悪いところはNGです。

 

「お茶を出さない」時点でアウトだという人もいます。

 

面接担当が極端に若いのも、チェックすべき点です。

 

ブラック企業でも、面接の段階では対応が良いところもありますので、
他の面もきちんとチェックする必要があります。

 

 

たとえば、採用通知。

 

書面ではない場合や、契約書のコピーを渡さない、
契約後に労働契約書を書かせない(雇用契約を結ぼうとしない)場合などは、注意が必要です。

 

 

面接の段階ではブラック企業と分からない場合でも、
採用通知や契約書で分かる場合が多いので、
すべて終わるまできちんとチェックすることが大切です。

page top