ブラック企業の由来

ブラック企業の由来

 

ブラック企業の由来、なぜそう呼ばれるようになったのでしょうか?

 

そもそも、ブラック企業は日本のみならず、世界各国に存在します。

 

たとえば中国の場合、ブラック企業のことを“血汗工場”と呼び、
英語圏では“スウェットショップ”と呼ばれています。

 

すなわち、労働基準法に沿っていない企業のことを、「ブラック企業」と呼びます。

 

 

さまざまな面で、“ブラック”とつくと、やはり“良くないこと”というのは目に見えて分かります。

 

ですから、ブラック企業は「就職してはいけない場所」ということになります。

 

 

 

ブラック企業の由来もさまざまですが、

 

・映画のセリフからきている
・求人広告業界からきている
・パソコン通信時代から存在している

 

などが挙げられます。

 

映画のセリフは、もともと書籍「ブラック会社に勤めてるんだが、
もう俺は限界かもしれない」のもので、実際にあったことを映画化した作品になります。

 

また、借金を滞納している人を「ブラックリストに掲載する」と言いますが、
そういった意味の“ブラック”と同じになりますね。

 

 

 

何れにせよ、労働者の健康面や人生を崩壊するような企業を
「ブラック企業」または「ブラック会社」と呼びます。

page top