ブラック企業の特徴

ブラック企業の特徴

 

ブラック企業の特徴といっても、ひと口にさまざまです。

 

一般的に、「ここでは働かないほうが良い」と言われている企業ですから、
就職の際はブラック企業ではないか、下調べしておく必要があるでしょう。

 

 

 

さて、ブラック企業と呼ばれる企業の特徴についてですが、
たとえば労働時間や日数が異常であったり、それに見合わない給料などが挙げられます。

 

逆に、平均勤続年数が短いのも、ブラック企業として含まれることがあります。

 

 

他にも、

 

・職場内の激しいいじめ(パワハラやセクハラ)
・公私混同の蔓延
・粗悪な商品を扱っている
・経営がなっていない
・従業員への教育がなっていない
・専門的な職業スキルがほとんどない

 

 

などが挙げられます。

 

 

また、面接結果の報告に関しても、通達が書面でなかったり、
契約書のコピーがないなど、問題があります。

 

通達が書面でない場合、ほとんどが証拠が残らないためと言われています。

 

 

そもそも、採用後に労働契約書を書かせない、もしくは雇用契約を結ぼうとしないところは、
たとえ他の面に大きな問題がなかったとしても、ブラック企業に含めても良いでしょう。

page top