ブラック企業の経営者

ブラック企業の経営者

 

ブラック企業の経営者には、暴力団との繋がりを持っている人が多く、
さらには宗教団体や新興宗教などとの親交も深いと言います。

 

そのため、ブラック企業のリストには、そういったフロント企業との関係が深く、
経営者や上層部がそういった繋がりにあるため、
会社組織や上下関係が、他の企業とは異なるのが特徴です。

 

 

もちろん、ブラック企業の経営者すべてが、そういった人や団体と関わりがあるわけではありません。

 

なかには、雇われ店長といって、一部の職場の責任者が、
きちんとした権限を与えずに、責任だけ負わせる企業もあると言います。

 

また、職場内のいじめが酷かったり、労働時間が長かったり、
残業手当が出ないなども、「ブラック企業」に含まれます。

 

そのひとつに、ブラック企業の経営者や上層部が、
暴力団や宗教団体と関わりがある場合がある、と考えておくと良いでしょう。

 

 

 

就職先の経営者が、どんな人たちと関わりがあり、交友関係のかまでは、正直分かり得ません。

 

ですが、ブラック企業は労働環境が独特であったり、どこかに必ず欠点が見当たります。

 

うっかり就職してしまわないためにも、事前チェックを忘れないようにしましょう。

page top