ブラック企業

ブラック企業について記事一覧

ブラックな面接を見抜く方法を知ることで、ブラック企業での就職を避けることができます。せっかくの新しい職場、気持ち良く仕事をするためにも、ブラック企業の見抜き方を知っておきましょう。ブラック企業を見抜く方法といってもさまざまです。面接の時点で気づくことも多いですし、採用通知で気づくことも多々あります。意外にも、働き始めてから「ブラック企業だった…」となるよりも、働く前から知ることができます。面接の段...

ブラック企業とは、労働時間や残業など、それに見合った給料や日数でない企業のことをいいます。明確な定義はありませんが、「ブラック社会」とも呼ばれ、日本だけでなく中国でも「血汗工場」という名称で知られています。過剰な労働時間・日数やそれに見合わない給料など以外では、残業手当がでない人に勧められないサービスを扱っている経営の悪さが極端である平均勤続年数が少ないなどが挙げられます。他にも、面接の時点で採用...

ブラック企業の経営者には、暴力団との繋がりを持っている人が多く、さらには宗教団体や新興宗教などとの親交も深いと言います。そのため、ブラック企業のリストには、そういったフロント企業との関係が深く、経営者や上層部がそういった繋がりにあるため、会社組織や上下関係が、他の企業とは異なるのが特徴です。もちろん、ブラック企業の経営者すべてが、そういった人や団体と関わりがあるわけではありません。なかには、雇われ...

ブラック企業の特徴といっても、ひと口にさまざまです。一般的に、「ここでは働かないほうが良い」と言われている企業ですから、就職の際はブラック企業ではないか、下調べしておく必要があるでしょう。さて、ブラック企業と呼ばれる企業の特徴についてですが、たとえば労働時間や日数が異常であったり、それに見合わない給料などが挙げられます。逆に、平均勤続年数が短いのも、ブラック企業として含まれることがあります。他にも...

ブラック企業の由来、なぜそう呼ばれるようになったのでしょうか?そもそも、ブラック企業は日本のみならず、世界各国に存在します。たとえば中国の場合、ブラック企業のことを“血汗工場”と呼び、英語圏では“スウェットショップ”と呼ばれています。すなわち、労働基準法に沿っていない企業のことを、「ブラック企業」と呼びます。さまざまな面で、“ブラック”とつくと、やはり“良くないこと”というのは目に見えて分かります...

page top